設計監理料について

about studio acca

一般的に設計料と言えば、総工事費の10%など、工事費にあわせて料率を変えていく考え方が主流でした。
しかし、家作りはつくっていく間にやりたいことや希望が増えていきます。

同じ70㎡の住宅でも、建具にこだわったり、仕上材にこだわったりしているだけで、工事費はアップしていきます。それに合わせて設計料もアップしていくことになります。

同じ70㎡で設計事務所がやることに大差はないのになんで…?と思われる方もいるでしょう。

そこで、私たちは設計監理料に床面積による算定基準を設けております。
一般的な総工事費×○○%という考え方に比べて床面積による算定では一定の料金のみを頂戴するので、予算計画が立てやすく、わかりやすいというメリットがあります。

とはいえ、工事も含め限られた大切なお金です。
設計料についてはできる範囲内でご相談に乗りますので、お気軽にお尋ねください。

  • 算定基準

    新築住宅 木造平屋・2階建ての場合 2.5万円/㎡(税抜)
    木造3階建ての場合 2.7万円/㎡(税抜)
    鉄骨造・鉄筋コンクリート造の場合 3.0万円/㎡(税抜)

    ※最低設計監理料は250万円(税抜)とさせていただいております。
    ※構造設計料及び設備設計料は、それぞれの設計事務所に依頼しますが、その際の外注費は私共の頂く設計監理料に含まれます。
    ※延べ床面積に上記の単価をかけたものを、設計料の目安としてお考えください。

    リフォーム 戸建住宅・マンションの場合 2.3万円/㎡(税抜)

    ※最低設計監理料は100万円(税抜)とさせていただいております。
    ※小スペースのリフォームの場合は別途相談となりますのでお問合せください。
    ※延べ床面積に上記の単価をかけたものを、設計料の目安としてお考えください。

    住宅以外 事務所、共同住宅、複合ビル、工場、倉庫の複雑なものに関しては、木造平屋・2階建ての料率の8割を目安としますが、基本的には平成21年国交省告示15号に基づいた見積を出させていただきます。
    >>国土交通省告示15号(設計・監理標準時間数)

    設計監理料の主な内容は下記の通りです。

    >>詳細はこちら

    ●基本計画図、基本設計図、実施設計図の作成。案作成のための模型製作など。
    ●予算調整、工務店の選定への助言
    ●確認申請、中間検査、完了検査手続き代理、書類作成(確認申請料、検査料は実費精算)
    ●工事現場の監理 (往復3,000円以上実費精算)
    ●確認申請、瑕疵担保に伴う検査立会い

  • 設計監理料のお支払い時

    各業務ごとに3回に分けております。

    ①設計監理契約時 設計監理料の40%
    ②確認申請承認時 設計監理料の40%
    ③竣工引渡時 設計監理料の20%

  • 設計監理料以外で別途ご負担いただくもの

    ●確認申請及び各種行政検査の申請料(印紙代及び行政検査機関への申請料の実費)
    ●地盤調査の費用(スウェーデン式サウンディング試験及びボーリング試験)
    ●敷地測量が必要な場合の費用
    ●地鎮祭及び上棟式などの費用
    ●長期優良住宅等の申請資料作成の費用
    ●遠方の場合には交通費を頂く事があります。
    ●消費税は別途頂きます。