私たちの考え方

about studio acca

設計者は、お施主様の意思を
具現化する代弁者です。

多くの人は、一生に一度しか家づくりを経験しません。
だから、どのように進めれば良いのか、ほとんど分からないと思います。
私たちは、漠然としている要望を整理したり、自分でも気付いていない様な無意識の行動を引き出したりして、プランに反映させます。

そして、建築工事の段階では、工事業者とのやりとりに戸惑うお客様がよくいらっしゃいます。
建築のプロである工事業者やハウスメーカーの方々と同じレベルで一般の方が話をするのは、極めて困難であると思います。
その際、私たちはお施主様の代理となって、工事をする側にお施主様の意思を正確に伝える役目を果たします。


図面を大切にします

建物を建てるという事は、多くのお金も必要になりますし、大変な挑戦だと思います。
多くの不安を抱えていらっしゃることか思います。
だから、私たちは図面を用いてお客様の不安を解消するように努めます。
お施主様の要望に対する解決策を、図面を用いて明示します。
正確な図面が無ければ、良い建物は絶対に建ちません。
建築工事において図面とは、工事業者に要望を伝えるための唯一の手段です。
だから私たちは図面を大切にして、慎重に作りあげて行きたいと思っています。


かっこ良さだけでの家づくりはしません。

設計事務所の建てた家はかっこ良いけど使いにくい、かっこ良いけど高いと良く思われます。
しかし、良いデザインとは、機能とコスト、そして意匠のバランスが取れた状態だと思います。
かっこ良いけど使いにくい、かっこ良いけどお金が掛ると言うのは、本当に良いデザインではないと考えています。
外見的なかっこ良さは、時が経つにつれ必ず劣化していきます。
空間を使う人々の事を良く考え、使い方や導線を想像し、意味のある空間作りを目指しています。